in サーバー

【ubuntu】bind9のインストール【DNSサーバ】

mydnsを使って外用のDNSは何とかしています。
で、問題は内側向けのDNSはないわけで内側から自分のURLに行くと
ルーターのbuffaloさんが呼んだ?って出てくるわけです。
読んでねーよ!ってわけです。
なので内向けのDNSサーバを作ろうかとおもいました。
DHCPはルータでDNSはおうちのubuntuサーバがやるようにします。
で入れるのは勿論タイトル通りbind9
とりあえず、何も知らないので検索。
検索したサイトは忘れちゃった・・・。適当で。
で、まずは下のコマンドでbind9をインストールします。

apt-get install bind9

で入ったので、こまごまと設定を。

まずゲートウェイは192.168.0.1とします。

でDHCPも192.168.0.1で、DNSは192.168.0.2で。

で外に公開しているURLはmydnsで取得したドメイン名

mumei.mydns.jpです。

まずは/etc/resolv.confを編集。

nameserver localhost
domain mumei.mydns.jp
search mumei.mydns.jp

これでおわり

次に/etc/bind/named.conf.optionsを編集します。

acl homenet { #自宅LANのIPをグループ化(homenetとする)
  192.168.0.0/24;
  127.0.0.1;
};
options {
  directory “/var/cache/bind”;
  allow-query { homenet;}; #グループ化した名前に変更
  allow-transfer { none; }; #セカンダリDNSサーバがあればIPを。なければnone
  forwarders { 202.234.232.6; };#ここではOCNのDNSサーバを指定しています。
  forward only;
  auth-nxdomain no; # conform to RFC1035
  listen-on-v6 { any; }; # IPv6に対応するか。とりあえず使えるようにした。
};

次、に/etc/bind/named.confを編集って大体のサイトには書いてあるんですけど、中身をみると

include “/etc/bind/named.conf.options”;
include “/etc/bind/named.conf.local”;
include “/etc/bind/named.conf.default-zones”;

のみ。ちがう・・・・。でincludeって書いてあるので適当に読みに行ってみたら。

/etc/bind/named.conf.localは何も書いておらず

/etc/bind/named.conf.default-zonesにはnamed.confで編集しない部分が乗っていました。なので/etc/bind/named.conf/etc/bind/named.conf.localを編集しました。
まずは/etc/bind/named.conf.localから

view “local”{
  match-clients{ homenet;};
//内向け正引き
  zone “mumei.mydns.jp”{
    type master;
    file “/etc/bind/mumei.mydns.jp.zone”;
  };
//内向け逆引き
  zone “0.168.192.in-addr.arpa” {
    type master;
    file “/etc/bind/0.168.192.in-addr.arpa”;
  };
  include “/etc/bind/named.conf.default-zones”;#これをnamed.confからコピー
};

viewは設定をグループ化するのに使うらしい。ここでは内向けの設定をまとめてある。

次に/etc/bind/named.confの編集。

include “/etc/bind/named.conf.options”;
include “/etc/bind/named.conf.local”;
#include “/etc/bind/named.conf.default-zones”;#コメント化

あとは正引きのファイルと逆引きのファイルを書くだけ。

まずは正引き
/etc/bind/mumei.mydns.jp.zoneを作成

$TTL 86400
@  IN  SOA  mumei.mydns.jp. ns.mumei.mydns.jp.(
           2012011412    ;適当な数字これは年月日時
           3600                      ;
           900                        ;この辺の数字は調べて
           604800                  ;とりあえずこれでOK 
           86400)                   ;
   IN   NS  ns.mumei.mydns.jp.
   IN   A    192.168.0.2
ns  IN   A    192.168.0.2

次に逆引き
/etc/bind/0.168.192.in-addr.arpaを作成

$TTL 86400
@  IN  SOA  mumei.mydns.jp. ns.mumei.mydns.jp.(
            2012011412    ;
            3600         ;
            900          ;
            604800        ;
            3600)        ;
   IN   NS    ns.mumei.mydns.jp.
2   IN   PTR  mumei.mydns.jp.

数字は正引きと同じでググれば出てくるので調べてください。
基本このままでいいはず。注意点はドメイン名の後には「.」を入れないとダメってことです。
理由はググれば出てきますが、とりあえず入れるものって覚えとけばOK
あと逆引きの一番下の最初の2は192.168.11.2の最後の2です。
DNSサーバのIPで書き換えなくてはいけません。

ここまでできたらあとはbind9を再起動するだけ。

etc/init.d/bind9 restart

これで失敗しなければほぼ完成です。
あとはDHCPサーバのルータにDNSサーバのIPを教えてあげて
最後にクライアントとなる適当なPCで確認をすればOK
windowsの場合はコマンドプロンプトよりnslookupをつかって

nslookup mumei.mydns.jp

で192.168.0.2が返ってくれば正引き成功です。
同様に

nslookup 192.168.0.2

こでれmumei.mydns.jpが返ってくれば逆引き成功です。
これでおしまいです。

やってみると意外と大変でした。
つかれたー。


4 Comments

  1. Clash of Clans hack 2016年8月9日 Reply

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
To prove you're a person (not a spam script), type the security word shown in the picture. Click on the picture to hear an audio file of the word.
Anti-spam image